東奥学園高校硬式野球部

toobb9.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 18日

急遽お願いして木造へ・・・

秋季県大会出場をあと一歩のところで逃してしまい、正直落胆していました・・・
その県大会は県営球場も試合会場となっているため、当然大会補助が連休3日間入る予定・・・
そのため、この3連休は市内高校はどこも練習試合を組んでいなかったのです。(何時になるか分かりませんから・・・)
大会補助の割り当てが決まって、本校は2・3日目の補助と分かり急遽木造高校にお願いして土曜日の練習試合を組入れました。

第1試合は小野が先発・・・初回、1番滝本魁がセカンド内野安打で出塁・・・2番立崎がしかしバントミス・・・
それでもパスボールで2塁進塁・・・先制点のチャンス到来・・・チャンスで一本出ないわがチーム・・・期待は少し高まります。
しかし、立崎は空振り三振、3番赤坂はショートゴロ・・・それでも進塁打となり2アウト3塁・・・そして4番水谷・・・
しかし水谷もショートゴロに倒れチャンスを得点に結びつけることができません。

その裏、小野は立ち上がりの課題がなかなか修正できません。
先頭打者を四球で出塁させ、3番は三振に仕留めますが、4番にセンター前へタイムリーを打たれ1点先制されてしまいました。
f0300301_10122810.jpg
2回、5番レフトスタメンで出場した木村優太はショートゴロ・・・しかし6番小山内が右中間へ結果3塁打・・・
2塁を回ったところでボールが返球・・・またまた暴走状態・・・しかし運よく返球が逸れて・・・
続く長谷川は死球、1アウト1・3塁のチャンス・・・8番鳴海は1ボールからの2球目をレフト前へ弾き1点返しなおも1・2塁・・・
勝ち越したいところですが9番小野の当りはセカンドゴロ・・・4B-3のダブルプレー、終了・・・
そして4回先頭水谷が四球を選び5番木村・・・1ボールからの2球目がショートのグラブをはじき内野安打・・・
小山内が犠打でお切り1アウト2・3塁として長谷川・・・しかしその打球は最悪のピッチャーゴロ・・・
水谷は三本間強殺となり2アウト2・3塁に・・・そしてバッター鳴海・・・
1打席目と同じようにレフトへタイムリーを放ち勝ち越し2対1としました。

ところがその裏、小野がまたも先頭を四球で出塁させてしまいます。
案の定、そのランナーはホームへ生還してすぐに同点とされてしまいました。
f0300301_10123864.jpg
さらに5回、先頭打者をサードエラーで出してしまい、2アウトとするも5番に死球、6番にヒット
7番に走者一掃の左中間2塁打を打たれ3失点・・・あっという間に2対5とされてしまいます。
7回、代わった山田も1アウトからストレートの四球でランナーを出し2失点・・・2対7と差を広げられ迎えた9回・・・
1アウトから代打三浦がフルカウントまで粘りライト前へヒット・・・続く1番滝本魁は四球・・
2番立崎がようやくセンター前へ1本弾き返しワイルドピッチも重なり1アウト満塁・・・3番赤坂・・・
ショートゴロとなるも相手のエラーを誘い三浦が生還・・・4番水谷はレフトへ犠牲フライ・・・滝本が帰り2点目・・・
f0300301_10124972.jpg
しかし攻撃もここまで・・・試合は4対7で敗戦となりました。


第2試合は1年生チームで・・・ピッチャーは乗田・・・
f0300301_10130081.jpg
木造先攻、1アウトから2番のだ打球はセンター髙坂へ・・・しかし太陽に邪魔されたのか髙坂落球・・・
そして3番にライトオーバーの2塁打が飛び出し1点先制されてしまいます。
こちらは3回ようやく反撃開始・・・先頭福浦が四球を選び2アウトとなるも2番長谷川がレフトへタイムリーを話し同点・・

f0300301_10132024.jpg
さらに、4回も四球で出た先頭打者小野が生還し2対1と勝ち越しました・・・しかし・・・5回・・・
何でもないセカンドフライが内野安打となり先頭バッターが出塁そのランナーが生還してすぐに同点をなってしまいます。

四死球、もらったアウトを確実にアウトにする・・・
しかし6回、先頭打者乗田が四球、髙坂の犠打がエラーを誘い、滝本陸の犠打も内野安打となりノーアウト満塁・・・
ここで代打川井・・・一本ほしいところですが初球サードフライ、続く工藤もサードフライで2アウト・・・
しかし1番滝本魁がこの試合ようやくボールを捉えレフトへタイムリーを打ち2点・・・4対2と勝ち越しました。
しかし・・・しかし・・・大澤が欠員しているため、赤坂が7回からマウンドへ上がったのですが
その赤坂が7・8回とつかまってしまいます。
7回には3安打にエラーも絡み2失点・・・4対4の同点・・・8回には3安打3四球で打者一巡、3失点・・・
4対7と1試合目と同じスコア・・・最終回1アウトから代打田中が四球で出塁・・・そして髙坂、センター前へはじき返します。

f0300301_10131153.jpg
しかし、滝本陸はセンターフライ・・・センターからの返球で2塁田中もアウトとなりゲームセット・・・
4対7の敗戦となり、この日は2試合とも同スコアで2連敗となってしまいました。

ウ~ン・・・どうしたらいいんでしょうか???

木造高校の皆さん突然の練習試合、大変ありがとうございました。

[PR]

# by too_baseboll | 2018-09-18 11:15 | 練習試合
2018年 09月 10日

県大会出場をかけた第3代表決定戦・・・Vs青森北高校

第1代表決定戦で青森山田高校にわずか1安打・・・1対6で完敗し、残すは第3代表決定戦での勝利・・・
対戦相手は、今夏2回戦で対戦し3対1で夏初めての2勝を勝ち取った青森北高校・・・
まさにこの夏のリベンジ戦を受けるような状況となってしまいました。

青森北高校の投手は1年佐藤君・・・夏の先発Pです。
青森北高校先攻で、不安定な天候の中試合開始・・・
先発山田には丁寧な投球で四死球を出さないようにと、監督も私も話をしてマウンドへ送り出したのですが・・・
いきなり先頭打者に四球・・・2番にレフトへ運ばれ・・・3番が犠打で1アウト2・3塁とされてしまいます。
まさに最悪の立ち上がり・・・バッターボックスには4番・・・見事に左中間へ運ばれランナー2人生還・・・

・・・全ては四死球から始まるのです・・・

その裏2アウトから3番立崎が死球で出塁・・・しかし、4番水谷はも逃し三振148.png・・・流れはますます悪くなります。
続く2回も、先頭5番鳴海がライトへしぶとく打ち返し6番長谷川が犠打で送りランナー2塁進塁・・・
その犠打処理にピッチャーがもたつきノーアウト1・2塁のビッグチャンス到来・・・
さらに7番小山内も犠打で送り1アウト2・3塁として8番福浦・・・ここは最低でも1点返しておきたい場面・・・
しかし無情にも福浦のスクイズはピッチャー左へのフライとなり
ホームへ向かう3塁ランナー戻れず一瞬にして3アウト終了・・・
それでも3回2アウトから2番赤坂の内野安打、立崎のセンターへのヒット
さらに水谷の内野安打で1点返して、いくらか試合の流れを呼び寄せ4回の守りに・・・
しかし相手は簡単に流れを手放しませんでした。

2・3回は青森北高校の攻撃を何とかしのいだ山田ですが、4回またも先頭打者をストレートの四球で出塁させ
犠打で1アウト2塁とされると7番にセンターへタイムリーを打たれ3点目が入ってしまいました。

・・・全ては四死球から始まるのです・・・

たまらず、マウンドへは1年小野が・・・小野は続くバッター2人を空振り三振に仕留め、追加点を許しませんでした。

5回には、赤坂が右中間へ2塁打を打ち1アウト2塁のチャンス到来・・・しかし3番立崎は初球を打ち損じファーストゴロ
それが進塁打となり2アウト3塁・・・そして4番水谷・・・しかし、フルカウントまで粘るも最後は空振り三振・・・
流れはこちらに傾きません・・・

4回途中からマウンドに上がった小野はその後、9回まで5回2/3を投げてわずかヒット1本、四球2、三振7の好投・・・
こちらは最後まで青森北高校エースの佐藤君を打ち崩すことができず149.png145.png
1対3で敗戦となりました。

まさに、まさに・・・夏のリベンジを受けてしまったわけです・・・スコアも1対3・・・


4年ぶりの県大会出場はまたお預けとなってしまいました。
新チームになってからのベンチの雰囲気は決して悪くありません。
しかし、ここが勝負という場面でその勝負に勝てない・・・メンタルの弱さなのでしょうか???
バッティング練習も守備練習も他に引けを取らない練習はしていると思うのです・・・
ところが、ここ一歩の詰めが甘くなり勝負に勝てないのは、チームとして最後のまとまりに何かが欠けているため???
いったい何がこうさせているのでしょう・・・

これで今シーズンの公式戦は終了・・・10月には1年生研修大会がありますが・・・
それでも11月まで残り1ヶ月半、練習試合や練習を通して部員一人ひとりがもっと成長してほしいものです。
冬のトレーニング・・・練習をなんとなくつまらなく感じ、気持ちがどこかへ行きそうになっても
約3ヶ月の冬場の練習・トレーニングを通して、来春のリーグ戦・地区予選で結果を残せるよう
部員一人ひとり、地道な練習にシッカリ取り組んでほしいと思います。


保護者の皆さん・・・大会期間中いただいたたくさんの激励と声援、本当にありがとうございました。

[PR]

# by too_baseboll | 2018-09-10 11:12 | 公式戦
2018年 09月 07日

秋季地区予選第1代表決定戦・・・Vs青森山田高校

平成26年度の県大会出場以来4年ぶりの県大会出場をかけて第1代表決定戦が行われ
青森山田高校と対戦し1対6で敗戦となりました。
わずか1安打と、今のチーム打力を絵にかいたような貧打で1点取れたのが奇跡に近いのか・・・

試合は青森山田の先攻で始まり、先発山田は初回2番打者にセンター前へ運ばれるも二塁盗塁を鳴海が阻止・・・
2回には先頭打者をライト前案打で出してしまい、犠打で1アウト2塁とされ
さらにワイルドピッチで3塁進塁を許します。
それでもセンターフライで2アウトとしますが、7番バッターを迎えてセンターへタイムリー打たれ1点先制されてしまいます。
惜しむらくは不用意なワイルドピッチ・・・
その裏の攻撃・・・先頭水谷8球目まで粘りセカンドのエラーを誘い出塁・・・鳴海の犠打で1アウト2塁とします。続く小山内はファーストゴロ・・・それでも進塁打となり2アウト3塁・・・
バッターボックスには7番長谷川・・・1ボールからの2球目をライト線へ打ち返して1点返して同点としました。
しかし、こちらの攻撃の見せどころは、終わってみるとここしかなかったのです。
長谷川のこの1安打に終わってしまった試合でした。

4回には青森山田の4番にライト外野芝生上段へのソロHRが飛び出し
5回にはセカンド小山内の1塁ベースカバーのエラーが絡みさらに2点奪われてしまいます。
5回終了で1対4と3点ビハインド出迎えた終盤・・・
6回からは小野がマウンドへ・・・しかし先頭打者にレフトへ運ばれ続くバッターを死球で出し・・・
犠打で1アウト2・3塁とされてしまいます。
3塁ランナー3・本間の強殺となるもホーム前でタッチアウトを取りに行った小野のグローブからボールがポトリ・・・
さらにスクイズ・・・サードへ転がった打球をサード滝本は突っ込まずピッチャー小野が無理な体勢で捕球・・・
結果1塁へも投げられず・・・この回2点をさらに失い1対6と点差を5点に広げられてしまいます。
7回は4番にレフトへ打たれるも無失点・・・そして8回からは乗田がマウンドへ上がります。

8回は6・7・8番を8球三者凡退に仕留め
9回は先頭打者をセンター前ヒットで出すも9回も失点ゼロに抑えてくれました。

結果1対6で敗戦・・・長打は4回のHR1本のみであとは単打です。
こちらのチーム打力がもう少し有り、取れるアウトをしっかりとれれば、もっと喰らい付いて行けたかも・・・


これで県大会出場のキップは、9日に予定されている第3代表決定戦の結果次第ということになりました。
対戦相手は、明日8日に行われる青森高校Vs青森北高校との勝者となります。
どちらと対戦するにしても厳しい相手・・・
このラストチャンスをチーム全員で、保護者の声援とバックアップを力に勝ち抜いてほしいものです。

選手達の踏ん張りと頑張りに期待したものです。

[PR]

# by too_baseboll | 2018-09-07 17:36 | 公式戦
2018年 09月 03日

秋季地区予選開幕・・・そして2回戦Vs青森東高校

8月31日(金)、いよいよ始まった秋季地区予選・・・2日目の第3試合が消化できず3日目第3試合にずれ込んだ初戦・・・
第1試合、第2試合ともに時間がずれ込み、試合開始はちょうど午後3時・・・

打順を入れ替えて先発P小野で始まった試合・・・初回先攻・・・1番滝本魁が1塁横を抜けるライトへの2塁打で出塁・・・
2番赤坂が犠打で1アウト2塁の先制点ファーストチャンスが訪れます。
3番立崎の打球はショートへ・・・その打球処理でショートがエラー・・・1アウト1・3塁とチャンスが広がります。
4番水谷その2球目でエンドラン??・・・しかし見事に空振り??・・・1アウト2・3塁となり
ボールカウントも1ボール1ストライク・・・しかけたスクイズ・・・しかし、水谷決めることができず・・・
サードのファウルフライに倒れ2アウト2・3塁・・・またもファーストチャンスを生かせずとあきらめかけた時
この日5番の鳴海の打席でワイルドピッチ・・・1点貰うことができました。
鳴海は四球となり2アウト1.3塁・・・ここで仕掛けた1・3塁強殺プレー・・・
しかし3塁ランナー立崎決めることができず3アウト・・・ビッグチャンスで1点どまり・・・いつもの展開か??

先発小野はストライク先行の立ち上がり・・・3回に死球、4回にヒットを打たれるも
小野の1塁牽制や鳴海の2塁牽制等で三者凡退に攻撃を抑えます。

4回の攻撃、先頭立崎がセカンドゴロ内野安打で出塁、水谷が犠打で送り1アウト2塁・・・
そして鳴海のショートへのあたりがFcとなり1アウト1・2塁の3回目のチャンスが訪れます。
実は2回にも先頭バッター小山内が四球で出塁し1アウト2塁のチャンスを作るも・・・
先回に続く小山内の安易な走塁ミスでチャンスを潰しているのです・・・

その小山内は空振り三振に終わり、勝負弱さが露呈してしまいます。
このまま追加点を取ることができないで終了かと思いきや・・・続く7番長谷川が初球を捉えてレフト前タイムリー
立崎が帰り2点目・・・さらに8番山田が左中間へ2塁打を放ち2点追加してこの回3得点・・・4対0としました。

5回には2アウト2塁から4番水谷が左中間へ3塁打を打って5点目が入ります。
6回にも1アウトから山田がこの日2本目の2塁打をレフトへ・・・さらにワイルドピッチの間にホームへ・・・
6対0で試合は終盤へ・・・その後追加点をあげることができずに9回裏の守り・・・
1アウトからレフトへ運ばれランナー1塁・・・2番バッターは2ボール2ストライクから粘り6球目・・・
1塁後方ファウルフライ・・・打ち取ったような当り・・・しかし
長谷川反応が遅れたか・・・足も遅い・・・わずかのところで捕球できず・・・
こういったシーンの後は決まってヒットが出るもので・・・監督と2人でつぶやきます・・・「イヤ~な感じ」

直後左中間へ2塁打・・・これまで同じようなシーン・展開を何度見てきたことか・・・ほぼもれなくこういう展開・・・
1点返されなおも1アウト2塁・・・続く3番にストレートの四球・・・明らかに小野の動揺が隠せません。
しかし、小野はここで踏ん張り直します。
続く4番そして5番を2者連続空振り三振に・・・そしてゲームセット・・・時計は午後5時5分を過ぎていました。

6対1で2回戦に勝利し、次は第1代表決定戦・・・対戦相手は青森山田高校・・・
非常に厳しい対戦相手・・・奇跡を信じて・・・9月7日(金)を待つしかありません。

スタンドでご声援くださった多くの保護者の皆様、ありがとうございました。

[PR]

# by too_baseboll | 2018-09-03 16:23 | 公式戦
2018年 08月 27日

秋季リーグ準決勝・・・Vs明の星・・・そして青森商業

ギリギリセーフ状態でAグループ1位となり準決勝・・・Vs明の星高校・・・
8月25日(土)は湿度が高く蒸し暑い市営球場でプレイボールとなりました。

先攻初回2アウトから、赤坂~滝本魁と2連打、さらに水谷が四球で2アウト満塁のファーストチャンス・・・
しかし6番福浦は、サードゴロに打ち取られてしまいます。
2回も、1アウトから8番鳴海が内野安打で出塁、9番山田が犠打で送り2アウト2塁・・・
さらに1番立崎がライトへヒットで2アウト1・3塁のセカンドチャンス到来・・・
しかし2番小山内は、初球高めを簡単に打ちあげてセンターフライ140.png140.png・・・イヤ~な終わり方・・・
案の定、初回こそ3者凡退に打ち取った山田ですが、先頭バッター4番にライトへ2塁打を打たれます。
1アウト2塁から、6番にヒットを許し1アウト3塁のピンチ・・・そして最悪のシナリオ、ワイルドピッチ・・・
明の星は労せずして1点先制・・・

さらに4回は四死球3、エラー2が重なり、打者一巡2安打で3失点・・・148.png148.png
こちらは、4回と5回に先頭バッターがヒットで出塁するも得点をあげることができません。
ここに来てまさにタイムリー欠乏症が再発したかのようです・・・
7回に2アウトから小山内の2塁打、赤坂のタイムリーで1点返し、滝本魁が四球を選びさらに1・2塁のチャンス・・・
しかし続く水谷はキャッチャーフライ・・・・
せっかく1点返して1対4とするもその直後、山田が見せた少しの気の緩みから1点返され1対5・・・
最終回、1アウトから立崎が四球で出塁、代打木村優太が初球をレフトライン際に打ち返して1・2塁とチャンスを広げます。
しかし、3番赤坂はショートゴロに打ち取られ・・・6-4-3であっけなく試合終了149.png


翌26日は3位決定戦・・・Vs青森商業高校・・・
先発P小野は初回から4回まで毎回ピンチを背負う苦しい試合展開・・・我満も4回には持たず1点先制されます。
こちらは5回終了までにわずか2安打・・・まったく打てないのです・・・
そもそも打力のあるチームではないのですが、ここまで打てないと点数を奪える気がしません・・・
終盤7回・8回にはとうとう小野も力尽き、7回に2安打1四球で2失点、8回2安打1エラーで2失点・・・

終わってみると、わずか4安打ほどの攻撃で無得点・・・0対5の完封負け145.png145.png

最終9回には、代打髙坂が三遊間を抜くヒットで出塁・・・1番立崎・・・点差を考えると打つしかない・・・
しかし、初球、2球目と外と内のストレートを見逃し最後は空振り三振134.png
代打木村優太が初球を弾き返して1アウト1・3塁のチャンスを作ります・・・すると3番赤坂が死球・・・
1アウト満塁のビッグチャンスが訪れます・・・打席には4番滝本魁・・・しかしなんということでしょう見逃し三振149.png149.png
2アウト満塁となり5番水谷・・・あとは水谷の一発にかけるしかない・・・しかし打ちそこないのセカンドゴロ145.png148.png149.png

優勝決定戦は、まったくふがいない結果に終わってしまいました。


今日は秋季地区予選トーナメント抽選会・・・金曜日から本番がスタートします。
県大会出場を目指してリーグ戦好スタートを切ったのですが、最後でまったく結果につながらない試合をしてしまいました。
県大会出場は、これでかなり厳しい状況・・・選手達の奮起に大いに期待したいところです。

[PR]

# by too_baseboll | 2018-08-27 11:02 | 公式戦